中尾農園みかん日記

大阪府富田林市 みかんの中尾農園のつれづれをつづります
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
おかずの元?

材料は合挽き肉、玉ねぎ、ニンジン、あればきのこ類もいいと思います。

野菜はみじん切りにしてお肉と炒めます。

味付けは塩コショウか砂糖と醤油。

チャーハン、オムレツ、オムライスはもちろん、ジャガイモやナンキンの煮物に入れて、できればとろみをつけたりすると食べやすいです。

ご飯に混ぜて五目御飯風。

おにぎりの芯にしたりも。

水とカレー粉を入れて、即席カレー。

とにかく時間がない時の強い味方!

たくさん作って、小分けして冷凍しておきます。

パンにいれてもおいしいし。

お試しを!

| 料理 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0)
大根の間引き菜

大根の間引き菜は、葉物の少ない時期にうれしいお野菜ですね。

ただ、問題が。いっときになるんですよね。

私は軽く湯がいたものをしっかり水切りして、1回分ほどづつフリーザーパックに入れてストローで空気を抜いて冷凍します。

お料理は、小さいものならおひたし。大きなものは、細かく刻んで、おじゃこか乾燥のアミエビなどと胡麻で炒り煮にしたりもします。ご飯の友に。ご飯がすすんでしまって大変。(苦笑)

煮物は軽く湯がいた後のものを、厚揚げやうす揚げ、高野豆腐、ちくわ、ニンジン、きのこ類、お肉とか、その時あるもので煮ます。水はほとんど入れません。だしの分だけかな。

お肉が入らない時には油で軽く炒めてから煮たりします。わかいものはそのままでももちろんOKです。

あと、それを卵でとじてもおいしい!

調味料は、砂糖、みりん、醤油だけ。それらを沸騰させた所に具を入れ、火が通ったところで大根葉を入れて煮ます。炊きすぎるとおいしくないので注意です。

白菜、青梗菜などが収穫出来るまでの間、3日に一回は大根葉のおかず…。(笑)

文句も言わずに食べてくれる家族に感謝ですね。

| 料理 | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0)
おから

中尾家定番お惣菜のおから。

おから以外の具は、ニンジン、こんにゃく、しいたけ、うす揚げ、ちくわなど。

季節によってタケノコが入ったりもします。

まず具細かく切り、炒めます、時間がある時は、別鍋でだし汁を作って。

時間がない時は、こぶ茶とか、細かくしたかつお節をそのまま入れたりもします。

具に油が回ったらおからを入れ、よく炒めます。そうしないと臭みがあったりしますからね。

よく炒まったら、砂糖を入れ、その上からだしを注ぎます。

その後、醤油(濃口少し、うす口を主に)酒、みりんなど。(煮詰まると濃くなるので注意)

具が良く煮え、水気が少なくなるまで煮て、水気が少なくなってきたらいよいよ最後の「炒り煮」。

好みのぱさぱさ?加減になったところで火を止めます。

ふきんなどを挟んで蓋をして冷まします。(常備菜なので腐りにくいようにするため)

私は一度に大量に作ってタッパなどに小分けして入れ、冷凍しておきます。

その場合、蓋だけでなくおからの上にぴったりラップをしておきます。表面がぱさぱさしないように。

冷凍庫ならひと月くらいは大丈夫。

解凍は冷蔵庫に1日くらい入れておいてそのまま食べます。

いつものように分量は書けません。

注意はただ一つ。

味付けに、基本、引き算はない。ということです。

子どもの料理教室をしたときでも分量は言いません

引き算はないからね!と伝えるだけです。

だれも失敗した子はないですよん!

| 料理 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0)
夏の肉料理

暑くなるとついソーメンとかで済ませてしまって…。

でもそれだけではスタミナが。

と言うような時にあっさりしたお肉料理をご紹介。

豚肉の薄切り。切り落としで充分。

少しの塩と少々のお酒をにったったお湯に入れ、豚肉を湯がきます。

すりごま、砂糖、醤油、お酢を合わせます。分量はお好みで。(いつも通り、無責任に量は書かない)

湯がいた豚と合わせます。

好みで、ニンジンの千切り(歯の悪い人は湯がいて使ってください)

玉ねぎのスライス、香味野菜がお好きな方は入れてください。みょうがもいいし、パクチーなどでもいいと思います。

これだけ。

冷蔵庫などで冷やさないで早めに作って置いておくくらいがグーかと。

我が娘はこのたれをご飯にかけて食べたりします。

まあ、このさいお行儀は置いておいて。(笑)

ぜひお試しを。

ここだけの話ですが、この湯がき汁を冷蔵庫で冷やして、固まった脂を除き、また火にかけて、塩、コショウ、老酒(なければ普通の料理酒)などで味付け。

具はなくてもいいし、お豆腐、もやし、残り野菜(キュウリでもなすびでもニンジンでも可)を入れて。(あまり大量多種でない方がいいみたい)

中華スープの出来上がり。

ポイントは脂を取り除くことかな?

夏はその方があっさりといただけます。

おすすめです!

| 料理 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE